妻が離婚を切り出す理由ランキングTOP8!妻の離婚理由とは



一時期は凄く仲が良かった間柄でも、ふとしたきっかけで信頼関係が壊れてしまうことってありますよね。
それはたとえ長年連れ添った夫婦でも、同じことが言えます。
将来を共に生きることを誓い合って一緒になった二人なのに、別れてしまうのはとても残念なことです。
しかし、日本では約2分に1組のペースで、夫婦が離婚しているというのが現実です。ここでは、最もよくある女性視点の離婚理由を、ランキング形式で紹介していきたいと思います。
女性視点の離婚理由ランキングTOP8
 

1位は「性格の不一致」
知り合ってすぐに結婚したわけでもないのに、どうしてこんなことが離婚理由のトップになるのだろう。
そう思った方も多いでしょうが、夫婦として一緒に生活することで初めてわかる、
パートナーの一面というものがあるのです。それは第三者から見たらごく僅かなすれ違いですが、
毎日顔を突き合わしている当人同士にとっては、我慢しがたいことなのかもしれません。

 

 

 


2位は「浮気」
夫の浮気が原因で離婚する夫婦も、後を絶ちません。
何度も浮気を繰り返す夫に我慢ができず、妻が三行半を叩きつけるというのは昔からよくある話です。
しかし、最近ではたった一回きりでも夫に浮気をされたら、離婚を選択するという女性が増えてきています。

 




3位は「暴力 (DV)」
夫からの暴力が日常化してきたが故に、離婚を決意する女性も数多く存在します。
このタイプの男性にはある共通点があります。
それは本当に暴力をふるうようになる前に、「殴るふり」をして女性を怯えさせるということです。
こういう兆候が見られたら、その男性には要注意です。

4位は「モラル・ハラスメント」
モラル・ハラスメントとは自分の行動や言動をすべて正当化し、
対象者が自分の意に沿わないことをすると、すべてが対象者の責任であるかのように精神的に追い詰めることです。具体的には「お前は価値の無い女だ」とか、「お前のような奴は社会で生きていけない」などと
妻を罵るような行為を指します。

 

 

 

 


5位は「浪費」

夫の浪費も、よくある離婚理由の一つです。
自分の趣味に給料のほとんどを使い込んだり、パチンコや競馬などのギャンブルで多額の借金を作ったりして、妻が愛想を尽かすというのはありがちなパターンですね。
このタイプの男性は、8位の「家庭での役割を果たさない」という特徴も共存している場合が多いです。

6位は「親類との折り合いが悪い」
夫が妻の両親または兄弟と不仲であるとか、妻が夫の親類と不仲であるということも、
離婚理由になっている事例が多数確認されています。
特に、そういう仲の悪い親類と同居している夫婦は、離婚か別居という選択以外に解決策が存在しません。
別居が難しい場合は、離婚を選ぶしかないのです。

 

 

 


7位は「性的不調和」
いわゆるセックスに関する不満が原因で、離婚を決意する女性もいます。
具体的には、夫の異常性欲、セックスレス、異常性癖などに妻がうんざりしてしまうというケースです。
これが原因で、離婚理由の2位にランクインしている「浮気」に走る男性も少なくありません。

 

 

 



8位は「相手が家庭での役割を果たさない」
夫が家事や子育てを一切手伝ってくれないというのも、よくある離婚理由です。
毎晩飲み歩いていたり、毎日仕事で帰りが遅くなったりして、家ではただ寝ているだけという男性にありがちです。 

Please reload

最近の投稿
Please reload

Archive
Please reload