好印象な褒め方のコツとは?喜ばれるテクニックを解説


相手を褒める時、どんな褒め方をすれば喜んでもらえるのか気になりますよね。褒め上手になると人間関係がうまくいくなど、メリットがたくさんあります。そこで今回は、相手から好印象な褒め方のコツを大公開!相手に喜ばれるテクニックを学んで、褒め上手な男女に変身しましょう。
 

 

 

 

 

相手が喜ぶ褒め方を知りたい方へ。

褒めるというのは優秀なコミュニケーションの手段の一つ。
上手に褒めることが出来れば、相手も喜んでくれて人間関係も上手くいくだけでなく、自分の印象も上がって嬉しいですよね。しかし褒め方によっては、逆効果になってしまう場合も。
ここでは好印象を与える褒め方のコツや、具体的なテクニックをまとめていきました。褒め方にはどんな種類や方法があるのか見ていきましょう。


【男女共通】相手に好印象を与える上手な褒め方とは
良好な人間関係に欠かせないのが褒めるという行動。上手な褒め方が出来ればビジネスもプライベートも上手くいきますが、意外と難しくて苦戦している方も多いのではないでしょうか。
ここでは相手に好印象を与える上手な褒め方について紹介していきます。相手をたくさん喜ばせる褒め方をマスターして、人間関係を充実させましょう。



褒め方1. 目に見える結果だけでなく、努力したプロセスも褒めてあげる
人は一番努力した、苦労した部分を理解してくれる相手に好印象を持ちます。物事にはプロセスに対して結果がありますが、多くの人は結果ばかりを褒めがちです。しかし結果を出した人が、一番努力した部分がプロセスなのは間違いありません。
もちろん結果を褒めることも効果的ですが、プロセスも一緒に褒めることにより嬉しさが倍増するので好印象を与えやすくなります。


褒め方2. 直接ではなく、間接的に褒め言葉が伝わるようにする
人伝いに褒め言葉を聞くと、信ぴょう性が増すという効果があります。直接言われる褒め言葉は、社交辞令なのか本心なのかが分からない場合があるでしょう。
しかし本人がいない場所での褒め言葉が、社交辞令であることはほとんどありません。当人がいなければ遠慮する必要がないからです。本人がいない場所で人を褒めるという褒め方をすることにより、効果的に相手に好印象を与えることが出来ます。


褒め方3. 相手が行動やアクションを起こした時に褒める
行動を起こすという事は、周囲の反応の変化を望んでいるのです。行動を起こしたことで仕事やビジネスで成功を得たり、周りから評価されたりと外的な変化の願望が行動の原因となっています。
相手が何か行動やアクションを起こした時、いち早く気づいて褒めてあげることにより、相手は自分の行動が「意味のあるものだった」と感じて嬉しくなります。当然欲求を満たしてくれる褒め方をした人物に、好印象を持つのは間違いありません。


褒め方4. 目上の人を褒める場合、褒めた後に相手に対して興味や関心を持つ
簡単な褒め方だけでなく、詳しく詳細を質問してあげると好印象を与えることが出来ます。少しテクニックのようなものですが、「すごい」などの後に「どうやったのですか?」などの質問をしてあげましょう。
特に目上の人は褒めやすい分、簡単な褒め方になりがちです。興味や関心を持って質問をして、更に好印象を与えることが出来ます。


褒め方5. 褒めることが苦手な場合、思ったことをストレートに口にする
本音というのは、テクニックを用いた褒め方よりも相手の心に響くものです。相手を侮辱するような言葉をストレートに表現するのはいけませんが、相手を褒める言葉は、ストレートに口に出してしまいましょう。
テクニックを使用しなくても、素直な気持ちが伝われば、相手は自分に好印象を持ってくれます。しかし恥ずかしがって、嘘っぽい大げさな表現になってしまうのはNGです。


褒め方6. 影で努力している部分など、人があまり気付かない部分を褒める

人間は目に見えない、一見分かりづらい部分を褒められると、「この人は自分の事をよく見ていてくれている」と感じます。例えば仕事やビジネスで、まだ結果が出ていなくても、地道に努力してる部分を上司に褒められたら嬉しいですよね。
陰で努力している部分を褒められた嬉しさと、相手が自分に関心を持ってくれているという効果があるので、努力したプロセスを褒めることは、相手に好印象を与えます。
 

【男女別】異性が喜ぶ褒め方やテクニックを大公開!
褒め方が変われば、同じ内容でも伝わり方が全く違います。せっかく人を褒めるなら、相手にしっかりと伝わってほしいですよね。
しかし、褒め方のテクニックなど習ったことある方は少ないのではないでしょうか。
ここでは異性が喜ぶ褒め方やテクニックを紹介していきます。上手に褒めて、恋愛や仕事に役立てましょう。





【男性向け】女性が喜ぶスマートな褒め方
男性が気になるのは、男性から女性への上手な褒め方。上手く褒めることが出来たら仕事やビジネスはもちろん、恋愛も上手くいきます。
しかし女心が分からないと、逆に嫌われてしまう場合もあるので注意が必要です。
ここから先は、女性が喜ぶスマートな褒め方をまとめました。男性必見の内容となっていますので、ぜひご覧ください。

女性の褒め方1. 外見を褒めるのではなく、内面を具体的に褒める
女性は自分に本気で興味を持ってくれている男性に好意を持ちます。下心丸出しの安易な褒め方などは直ぐにバレてしまうでしょう。内面というのは、相手に興味を持って観察しないと分からないものです。
女性の内面を具体的に褒めてあげることにより、女性は嫌な気がしません。「綺麗」「可愛い」などよりも「周りをよく見て気配りしてくれているね」などの具体的な褒め方がスマートです。

女性の褒め方2. 見た目を褒める場合、ネイルや髪型、体型など女性のこだわりを褒める
見た目のこだわりを褒めることは、内面を褒めることにもつながるのです。こだわりを褒めることで、抽象的な褒め言葉や社交辞令にもならず、相手の女性も「私の事を褒めてくれているんだ」と受け止めてくれます。
女性が嫌がるのは、見え透いたお世辞のような褒め方で近づいてくる男性です。こだわりを褒めることはお世辞にはなりません。なぜならば相手をよく見ている証拠であり、誰にでも適当に言える褒め言葉にはならないからです。

女性の褒め方3. ただ褒めるだけでなく、感謝の気持ちも伝えてあげる
褒めているだけだと、相手をコントロールしようしたテクニックだと感じてしまう女性もいます。褒めて近づいて良い仲になろうとするテクニックを使用する人もいるため、仕方ないでしょう。
相手の女性に好印象を与えてスマートに褒めたい場合は、「〇〇さんってすごいね!助かったよ、ありがとう」など感謝の言葉を最後に添えると伝わりやすいです。

 

 

【女性向け】男性が喜ぶ上手な褒め方
女性から男性への褒め方も研究する必要があります。
男性は女性よりも単純なんて言いますが、女性と同様に褒め方によって褒める効果が全然異なるのです。
ここでは男性が喜ぶ上手な褒め方を紹介します。男性を上手く褒めて、仕事や結婚に役立てましょう。

男性の褒め方1. 「偉いね」「凄いね」と男性の自尊心が満たされるフレーズを活用する

男性は自尊心を満たされると喜ぶ方が多い傾向にあります。他の男性をよりも優位に立ちたいという欲が強く、出世欲や名誉欲が強いのが男性です。
女性が褒める時も、自尊心を満たす様な褒め方をしてあげると嬉しいと感じてもらえるでしょう。「凄い」や「偉い」などの言葉を活用していくことで自尊心をくすぐります。

男性の褒め方2. ビジネスマンの場合、ネクタイや時計などのセンスの良さを褒めてあげる
男性は見つけているものでも自分の力を証明したいものです。ハイブランドのネクタイや時計などは褒めるための良い材料です。
ハイブランドを選んだセンスや、高級なものを身に着けていることを理解して、反応してあげることで男性は満足します。特に男性には「自分の凄さを理解してもらいたい」という欲望がありますので、女性から身に着けているのモノを褒められると嬉しいのです。

男性の褒め方3. 「〇〇さんって物知りですね」と知的な部分を褒める
男性は外見だけでなく、考えていることや知性も人より優れたいと思っています。良く思われたいと考えている女性から、知性を褒められると非常に嬉しいのです。
「物知りですね」や「頭の回転が速いですね」などの言葉が使いやすいでしょう。また、男性が得意としている分野も褒めてあげると喜びます。歴史や地理、ビジネスに関する事、趣味全般は、積極的に褒めてあげましょう。
 

 

 

 

 

 



相手が喜ぶ褒め方をマスターして、良好な人間関係を築きましょう。


一口に褒めると言っても、言葉やシチュエーションなど様々です。
テクニックやコツをマスターして上手に褒めるのも大切ですが、まずは相手に興味を持って長所を探しましょう。褒めるには本心から出る素直な感情が必要です。
今回の記事を参考に相手に喜んでもらい、好意を持たれるような褒め方を身に着けていきましょうね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

最近の投稿
Please reload

Archive
Please reload