奥手男子の攻略法〜恋愛に興味のない彼の脈アリ・脈なしサインの見分け方

恋をすると、好きな人の言葉や行動を勝手に先読みしたり、悩んだりしてしまうもの。

 

 


そんなときは誰かに相談したり、恋愛指南書に手を伸ばしたり、悩みをネットで検索して参考になる恋愛記事を探したりしますよね。

 


でもいろいろな意見がありすぎて、知れば知るほどかえって混乱してしまいませんか?
恋愛指南書に当てはまらないのが「奥手男性」
なぜ混乱するのか、それは「どんなタイプの男性でも当てはまるわけではない」という視点が抜け落ちているからかもしれません。


もし彼が「とても奥手な男性」だった場合、恋愛指南書のルールはあてはまらず、彼の本心や自分に対する気持ちを汲み取ることはとても難しいでしょう。


また、中には奥手男性に見せかけて実は「好きにさせたい(あなたにモテたい)だけ」という、受け身のアプローチをする男性もいるので、より判断が難しくなるのです。

 

 

 

 

 

今回は、「奥手な男性の見分け方とその心理」について見ていきましょう。


彼は奥手な男性?

もし彼と一緒にいて下記に当てはまる場合、彼は「奥手・受け身・シャイな男性」の可能性が大きいでしょう。

 

 


・気になる彼、デートしている彼との関係が、なかなか進展しない。
・自分が思い描くような態度や言葉が返ってこない。
・デリカシーの無い冗談やイジリがあったり、犬のようになついてくる。
・それにも関わらず、継続して「温かな好意は感じられる」。

 

 


彼の本心がわからず、通常の恋愛指南書のルールに当てはまらないのがこのタイプの男性です。では、そんな「奥手男性」はどのような特徴を持っているのか、次に見ていきましょう。






奥手男性の特徴とは

彼が本当に奥手男性なのかは、彼がどのような環境で育ったのか、どのような特性を持っているのかなど、「相手を知る」ことで判断できるでしょう。
奥手男性にありがちな特徴を以下にご紹介します。


・女性との関わりが少ない
姉妹がいない・男子校・職場も男ばかり、など極端に女性から縁遠い環境で過ごしていたら恋愛において「どうしていいのかわからない」可能性は大きいでしょう。


・理系出身
理系男子は、そもそも人の感情に疎い傾向があるかもしれません。


・頭脳派
頭が良くて考えることの得意な男性はいつも思考優先なので、感情面については実は未熟だったりします。


・男女の役割が明確
姉妹がいても、男はこうあるべき、女はこうあるべきなど、役割が明確な家庭で育つと、役割以外の顔があるという事実を知らないで育つことも稀ではありません。


・オタク気質
昆虫採集や天文観測や美しい数式等に夢中な男性の場合、奥手のまま社会人デビューしていても不思議ではありません。


・モテや女性に関心が向いていない
見た目が良くて、高校時代にファンクラブまであったという男性でも、奥手・受け身・シャイな男性という場合もあります。これらはたまたま見た目に恵まれていたけれど、本人の興味や関心が「モテ」や「女性」に向いていないということです。





いかがでしたか。あなたの彼に当てはまる特徴はありましたか。

 


彼らを一言表すなら、「女性慣れしていない男性」と言えるでしょう。

 


恋愛も人間関係の一つです。人と人との繋がりや関係をスムーズに運ぶためには、能力に加え学習が必要です。

 


雑多な関わりの中で男女関係に揉まれた経験がなければ「女性」というものを理解する機会がなく、奥手になってしまうのも仕方がないことなのかもしれません。

 

 

 


奥手男性の基本的性質とは

次に、奥手男性の基本的性質として、頭に入れておいた方が良いことを見ていきましょう。
奥手男性は、自分のペースを大事にしていたり、趣味(や仕事)をはじめとする「自分の世界」があり、人との付き合い方等にも比較的こだわりがあります。

 


この「自分の世界」というのは、奥手男性を理解するためのキーワードです。
彼らにとって、自分の世界を邪魔されないことは「居心地の良さ」に直結しています。
それは彼にとってとても大切なものなので、普段は外に向かって強い自己主張をしませんが、自分の世界が壊されることに対しては、「イヤなものはイヤ」とはっきりと伝えてくるでしょう。
そのため、「女性慣れしてないからすぐに落ちるかも」と思ったら大間違いです、気を付けましょう。

 

 

 

 


では、このような奥手男性の本心を知るにはどうすればいいのでしょうか。
 

 

 

 

 

 

 

奥手男性の好きな女性への脈ありサイン

彼らが女性を好きになると、次のようなとてもわかりにくいアプローチの仕方をしてきます。

 


・気が付いたらそばにいる。
・目が合う(こっち見てる)
・しょうもない話でも聞いてくれる。
・なぜかお菓子をくれる。
・話を合わせてくる。
・「いいね」「そうだね」という相槌をうつ
・以前の会話をしっかり覚えている。
・こちらの体調をなにげに気遣う。


このように控えめに「キミの味方だよ」という態度を取るので、彼らの好意はとてもわかりにくいでしょう。



また、あなたを取り巻く周辺の状況もよく見ていて、実はとても気にしています。

・他の男性と話していたらUターンする。
・他の男性と話していたら混じってくる。
・どうかした拍子に顔が赤くなったり、急に素っ気ない態度に出る。
・脈絡なく思いがけない話を振ってくる。


このように、女性と親しくしたくても「程よい加減というものがわからない」事が多いのです。 

 

 

 


LINEやメールなど返信でわかる脈アリサイン

LINEやメールなどの連絡に関しては以下のような特徴があります。

 


・何を言いたいのかわからないときがある。
・基本的に受け身の対応。
・やり取り自体を喜んでるのか迷惑なのか、わかりにくい。
こんな対応をされてしまうと困ってしまいますよね。でもよく観察すれば、あなたに脈アリの場合、次のような特徴も見えてくるでしょう。
・すごく丁寧な返信(内容や文章・スタンプ)
・こちらへの質問や自己開示がある。
・会話をなんとか繋げようとしてくる。
・返信が早め。
・向こうからも何気にLINEや連絡が来る。



脈なしの相手への接し方


反対に、「イヤなものはイヤ」というところがはっきりしている彼らは、その気がない相手には、以下のようなわかりやすいメールをしてきます。


・素っ気ない感じ
・ほんの一言の返信
・女性からの返信が、既読だけで終わる
・返信が著しく遅い
・相手からの発信が皆無

 


これらの返信があった場合は、残念ながら彼は脈なしである、と判断できるでしょう。




奥手男子が恋愛に積極的になれない理由

彼らの心理について、順を追って見ていくと奥手男性が「なぜ恋愛に積極的になれないか」を理解しやすいかもしれません。

 

 


・経験値が低い
・よって、成功体験が少ない(もしくは、無い)。
・それゆえに、自信が持てない

 


彼らは恋愛において場数・経験をふんでいません。それなのに、「正しい答え」を求める傾向があります。恋愛における正しい答えというのは存在しないことが多いため、混乱しやすいのです。
さらに予測不可能な命題が苦手のため、「彼女も自分のことが好きだ」という確証や確信がないと、たとえ相手のことが好きだと気づいていても、そこから先どうしていいのか不安になってしまいます。
また、先に踏み込めない心理の裏には「俺はモテない」という思い込みや、女性の生態をそもそも知らないとか、過去に恋愛らしきものをしてトラウマ的なものがある、などの理由があるかもしれません。

 


「自信を持てない」に関しては、相手が自分にとって高嶺の花的存在であったり、自分の見た目や能力に不足を感じていたり、その両方も含まれているからかもしれません。
深層心理では「女性や恋愛が怖い」という感情があり、傷つきたくない気持ちもあるでしょう。
このように、たとえ「この女性が好きでお付き合いしたい!」と強く思っていても、「恋愛に慣れていない・女性のことをよく知らない・実は付き合うのが初めて」だから躊躇してしまうのが、奥手・受け身・シャイな男性なのです。

 

 

 

おわりに

奥手男性がなぜ恋愛に積極的になれないのか、おわかりいただけたでしょうか。
でも、実際にはたとえ奥手男性でも好きな女性に対しては何もしてないわけではない、のです。
恋愛指南書にかかれている「相手を追いかけさせる」ということが当てはまらないのが奥手男性です。
奥手男性の場合は、女性側から追いかけてしまうと警戒されてしまうことも多いでしょう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

最近の投稿
Please reload

Archive
Please reload