「太っているのに、なんかさわやか!」と、むしろ女子受けのいいぽっちゃり男性の共通項9パターン

太身だろうが細身だろうが、恋愛において体型を「弱点」に思うか「武器」にするかは自分次第です。イメージを逆手に取るような振る舞いを意識すれば、メタボ腹の持ち主だって女性から「雰囲気はスマート!」と思ってもらえるかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身女性184名に聞いたアンケートを参考に、「『太っているのに、なんかさわやか!』と、むしろ女子受けのいいぽっちゃり男性の共通項9パターン」をご紹介いたします。 

 

 

 

【1】流れ落ちる汗をキレイなハンカチでさっと拭うため、清潔感がある


「汗をかいても、さわやかならOK」(20代女性)など、汗そのものより「不潔な様子」を女性は気にしているようです。一目で洗濯済みと分かるハンカチで額を押さえれば、「王子」と呼ばれるのも夢ではないでしょう。

【2】しわひとつないシャツを着ており、ビシッと存在感がある


「太っていても、自己管理ができている証拠」(30代女性)というように、ユルんだ体型を隙のないファッションでカバーするパターンです。着心地重視のゆったりサイズよりも、シルエットにこだわった服を選んで「できる男」の緊張感を演出したいところです。

【3】階段をリズミカルに駆け上がるなど、動きにキレを感じさせる


「横幅がある分、力強さも倍増して見える」(10代女性)というように、オスとして認識されるためには「頼れる男」であることも示したいところ。持久力に自信がなくても、重い物を軽々と持つなど、細身男子に勝てる身体能力を備えておきましょう。

【4】「サスペンダー」など、自分に似合うオシャレを知っている


「ダンディな服装は風格がないと似合わない」(20代女性)など、「体型を生かした着こなし」も、モテにつながるポイントでしょう。ダブルのスーツやサスペンダーなど、ぽっちゃり体型だからこそ着こなせるアイテムを試すのも手です。

【5】「大食い」ではなく「美食家」の地位を確立している


「美味しいお店をたくさん知ってそう」(10代女性)など、体型を説得力として女性に重宝される食通キャラになってしまうパターンです。食事のマナーが洗練されているだけでなく、がっついていると思われないように早食いも避けたいところです。

【6】癒し系の「熊さん」キャラで、周囲に慕われている


「太っていても笑顔が優しい人は職場で人気がある」(20代女性)など、おおらかな体型を武器に「包容力」をアピールする作戦です。日頃から幅広い知識を蓄えておけば、癒しキャラに相談役のポジションも加わり、やがて「いつも一緒にいたい人」になれるでしょう。

【7】体臭がないのはもちろん、見た目に反してさわやかなフレグランスを漂わせている


「肉付きのいい殿方は、臭いそうで敬遠してしまう」(30代女性)など、見た目のイメージからあらぬ誤解を招くおそれもあります。ボディケアに気を配るのはもちろん、香水をつけるなら石鹸の香りをセレクトすると良いでしょう。

【8】「ツルツル素肌」「さらさらヘア」など、健康的なコンディションをキープしている


「不摂生ではなく、『そういう体型なんだ』と感じられる」(20代女性)というように、皮膚や髪の状態から健やかな印象を与えることで、好感度を高めるパターンです。目立つ場所だけでなく、女性が意外と見ている爪やむだ毛もぬかりなくケアしましょう。

【9】体型ネタでイジられても熟れたノリツッコミで笑いを取ることができる


「体型を笑いにできるのは器が大きい」(20代女性)というように、イジられキャラとしての振る舞いも覚えておくと便利でしょう。自分を極端に卑下するような言い回しは避けて、周囲が安心して笑えるような返しを目指しましょう。 

 

 

 

まとめ

ネガティブな印象さえ覆すことができれば、どんな体型でも女性から好感を持たれるようです。無理してダイエットするよりも、言動やファッションを変えたほうがラクかもしれません。 

 

 

 

 

Please reload

最近の投稿
Please reload

Archive
Please reload