喧嘩してもラブラブに戻れる秘密の方法





どう考えてもしょうもないことから発展してしまう、恋人同士の大バトル。途中でどちらかが、「あ、自分が悪いかも!」と気づいても後に引けない状況ってありますよね。「ごめんなさい」の一言が言えればすぐに仲直りできるものの、小さい頃の用に素直にそのごめんなさいが言えないのが大人になった証拠……? しかし、いつまでの大好きな恋人との関係をこじらせていたくはありません! そこで今回は、大人のためのケンカのあと仲直りしてすぐにラブラブカップルに戻る方法をご紹介したいと思います。 

 

 

 

 

 

 

1.まずは一人になって気持ちを落ち着かせる

 


ケンカの最中に実はお互いオーバーヒートしすぎていることにはうすうす気づいているはず。彼が引かない場合には、あなたがまず身を引いて一人になりましょう。そして、血が上りまくった頭を冷やします。同棲している場合には、コンビニにでもお出かけしちゃいましょう。

 

 


2.原因を見つける


ケンカの原因を探してみましょう。ケンカの原因を見つけると、自分のどの一言が悪かったのか、もしくは相手のどの言葉にイラっとしたのか、悲しく感じたのかなどなど分かってくるはずです。ここから自分が悪かった場合と、相手が悪かった場合で解決方法を変えていきましょう。

 

 

 


3.気持ちを伝える

 

 


自分が悪かった場合


原因を探してみて、自分が悪かった場合はまず「こんなことを言って悪かった」という旨で謝りましょう。その後、今後同じことをやらない対策方法などを説明します。言い訳ではなく、自分が悪いと分かっている場合には、しっかりと謝りましょう。もし、彼を目の前にしてうまく説明ができそうもないと思った場合には、手紙で渡すという手もアリです。


相手が悪かった場合


相手に非があると思った場合には、あなたがイラっとした部分を「悲しかった」という表現で相手に伝えましょう。「ムカついた!」と言ってしまうと、またケンカが勃発してしまう可能性も。「悲しかった」という表現は、相手に「悪いことをしちゃったなあ」と思わせる最良の言葉。「悲しかった」ことを伝えて、あなたの要望を伝えるとうまくいきます。「自分が悪かった場合」と同じく、手紙で気持ちを伝えるという方法をとってもいいでしょう。


 

 

 

いかがでしたか? くだらないことで始まってしまったケンカは、早いうちに手を打てばすぐに仲直りできるものです。それをお互い意地を張っていては、小さなことで破局を迎えてしまうなんてはめに。そんなことにならないように、今回ご紹介した方法で大好きな彼とすぐに仲直りするようにしましょう。伝えにくいときに使えるのは「手紙」です。あなたの伝えたいことを邪魔されることなく一気に伝えることができますよ! 

 

 

 

 

 

Please reload

最近の投稿
Please reload

Archive
Please reload