失恋から立ち直る平均期間は?早い人・遅い人の特徴は?

大好きな彼だったとしても、別れが訪れる時が来ることもあります。それは男性から振ったのか、それとも女性から振ったのかで違いは出てくると思いますが、失恋から立ち直る期間が必要になってくるもの。今回はそんな失恋から立ち直る期間はどれくらいなのかをご紹介します。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失恋から立ち直る期間の平均はどれくらい?
 

 

 

 

では、実際に平均どれくらいの期間で失恋から立ち直っている方が多いのでしょうか。

そもそも、失恋から立ち直る期間は男女によって大きく変わります。

女性と比べて男性の方が立ち直るのが早く、1ヶ月もすれば約6割の男性は失恋から立ち直るそうです。

ただ、もちろん立ち直るのに1年以上かかるという男性もいました。
それと比べて女性はと言うと1ヶ月で失恋から立ち直れる人は約5割。

男性よりも1割程度少なくなっています。

また一年以上失恋を引きずるという人も女性の方が多くいました。

男女で違いがある理由はいくつか考えられますが、最も有力な考え方は「仕事」をしていれば男性は失恋を忘れられるというもの。

立ち直るのが早い人の中には「失恋しても仕事に没頭すれば一週間で忘れられる」と言う意見もありました。

勿論失恋した女性の中にも働いている人は多くいますが、男性はオンとオフをしっかりと分ける事が出来る傾向にあるのかもしれません。

失恋したことを考えなくて良い時間が長くなるほど、早く立ち直る事が出来るのでしょう。
失恋から立ち直りが早い人/遅い人の特徴
失恋から立ち直りが早い人とと、そうでない人ではどのような違いがあるのでしょうか。

 

 

 

 

 



立ち直ちが早い人の特徴

失恋から早く立ち直るには何かに没頭すれば良いのでしょうか?

勿論そういった面もありますが、中には自分の趣味を持っていたり彼中心の生活ではない人が立ち直りが早くなる傾向にあります。

つまり、「次の恋愛はしなくても良いかな」と思っている人の方が立ち直りが早くなるということ。
「逆じゃないの?」と思うかもしれませんが、恋愛に集中しないからこそ前の恋愛に執着せず立ち直りも早くなります。

「失恋してしまったのは仕方ない。また良い出会いがあるといいな」くらいに思っている方が次の恋愛に繋がりやすいでしょう。

失恋を軽く考えられるのは、恋愛以外にも夢中になれるものがあるため。それが自分の趣味だったりするのです。

立ち直りが遅い人の特徴

 


そうなると失恋からの立ち直りが遅い人は、恋愛に執着しやすいタイプの人と言えます。

例えば彼と同棲していて彼中心の生活からいきなり独り身になってしまうと、自分が空っぽになってしまったと感じてしまうのです。

そうなってしまうと、昔の恋愛を忘れる事が出来ずになかなか立ち直れなくなる傾向に。
中には自分の存在価値が恋愛だと感じている人もおり、立ち直る前に他の人と付き合ってしまうケースもあります。

これは自分の心の中に空いてしまった空白を埋めるため、「恋に恋している」状態と言えるでしょう。

こうなってしまうと、またすぐ別れる可能性が高いので、注意が必要。

結局は前の彼と比べてしまう付き合いになってしまい、逆に立ち直るのに時間を要してしまう原因ともなります。 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?今まで当たり前だったものが突然変われば、誰だって動揺して心が乱れます。それをどれだけ早く立ち直らせる事が出来るかは、その人の性格やきっかけがあるかないかが関わってきます。

失恋してしまったらグルグルと考えてしまうと思いますが、ポジティブに考えられるようにすれば自然と気持ちも楽になっていくでしょう。

ゆっくり終わった恋と向き合って、新しい恋に進める準備をしていけばいつか必ず立ち直る事が出来るはずです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

最近の投稿
Please reload

Archive
Please reload