辛いあなたに送る 失恋を乗り越える9つの処方箋

失恋を乗り越えるには、努力が必要です。
いつまでも失恋を引きずっていると人生そのもの大きく変わってしまいます。
 

予期せぬ失恋・つらい失恋、どんなに苦しくても失恋から立ち直って次に進むしかないのも事実です。 

 

 

今日はそんな現実に直面しているあなたへの処方箋を、お伝えします。

 

 

 

 

 

1. 失恋したことを認める

失恋を乗り越えられない理由には、失恋をどこかで否定をしているからであり、まだどこかで相手に期待をしてしまっているからなのです。
 

 

「私がふられるはずがない」
「まだどこかで思ってくれているはず」など、
 

 

失恋したことを避けている精神状態があります。
「彼・彼女はもう戻らない」と現実を受け止めて、最初は苦しいですが徐々に失恋をしたことを心で納得していくことが、失恋から立ち直るためには最も大切なことだと言えます。
 

 

「彼にふられてしまった」
「彼はもう私のことを好きではない」
「彼にもう二度と会えない」という
 

心の痛みを感じて、苦しむことから逃げないで、痛みと葛藤しましょう。
失恋の痛みから逃げてしまうと心の痛みとなってずっと残り、新しい出会い、新しい恋、新しい彼との恋愛を邪魔をすることになってしまい、前に進めなくなってしまいます。
しっかりと失恋したことを認めて、
気持ちの整理をしましょう。
 
2. 今の状況を受け止める

好きな人との恋愛に終わりの影が見え始めると、楽しかった日々とは正反対の辛く苦しい毎日が始まります。
どんな人でも人生で一度は失恋という辛い経験する事でしょう。
失恋をした本人としては、世界に一人だけの世界で一番大好きな人からの拒絶であり、
 

 

これほどまでに辛い時期はありません。
失恋を乗り越えるためにはいくつかの過程を経て、最終的に相手の事を「好きな人」→「過去の人」に変えていく必要があります。
 

 

失恋を受け入れるための心の持ちようを、
時間の経過とともに受け入れられるようになることです。
例えば、心から大切にしていたものを無くしてしまったことは、大切なものを無くしたことをあきらめなければなりません。
好きな人をすでに失ったはずなのに、相手の存在が、現在の問題として頭の中に残り続けている状態は失恋を受け入れているとは言えません。
失った恋愛を受け入れられないと恋愛の相手がいつまでも心の中に居続けることになります。
これは、最もよくないことです。
失恋を乗り越えるには今の状況をしっかりと受け止めて、過去のことにしましょう。

 

 

 

 


 
3. 自分の人生は自分のもの

好きな人と交際している間は、
自分の人生はすべて恋愛相手のものだと思ってしまいます。
自分の目標もどこかへいってしまい、ただ彼といっしょに過ごすことだけを考える人生になってしまいます。
彼の連絡を待っていたり、彼とデートすることだけを考えていたり、自分のことよりも二人のことを考えてしまいがちでした。
失恋を期に自分のしたいことやりたいことに目を向けてみましょう。
そして、今までやりたいと思っていたこと、たとえば、仕事かもしれませんし、勉強・趣味やスポーツかもしれませんが自分のやりたいことに向かって気持ちを向けてみましょう。
 

 

そこから、自分は本当にこれがやりたかったんだときづけるはずです。
自分のやりたかったことを見つめなおすことによって、自分の人生は自分のものということに気づくでしょう。

 

 

 

 

 

 


 
4. 徹底的に完全にダメというまであきらめない

失恋した気持ちを完全にあきらめる方法として、後々後悔しない様に、「アタックし続けるのみ」があります。
後悔しないように何回でもアタックしつくすことです。
相手の気持ちがもしかしたら戻ってくるかもしれませんし、戻らなくてもこれだけやったという一種の爽快感で終わることができます。
スポーツでいえばオリンピックで金メダルを取った時のような達成感です。
このように突き進むと言うのは、失恋にとっては何も問題はないし、むしろ潔いです。
何事も中途半端が一番良くありません。
自分の気持ちの中に閉じこもったままでいるよりは、もう一度自分に振り向かすための努力を全力でしましょう。
中途半端な気持ちでいても、もう絶対に恋が戻って来る事はないのですから、全身全霊をかけてアタックを続けましょう。
失恋を中途半端なままにしておくと気持ちが残り、いつまでも失恋を乗り越えられません。
 

 

アタックし続けてそれでもダメな場合は、
ここまでやったのだからあきらめようと気持ちを切り替えることができます。
 

本当に好きな相手なら自分のプライドなんて二の次にして、
「あたってくだけろ」式にやってみるとこです。
逆にすっきりとして思いは残らないものです。
 

 

 

 

 

 


5. 縁のある人とはダメにならない

失恋はふられたことが失恋ですが、相手から別れようといわれたことには必ず意味や理由があります。
自分では目に見えていなかったり、失恋の理由がわからないのでふられたことによって落ち込みますが、
別れるべくして別れたといえます。
失恋の後によく言いいますが
「あの時の失恋があったから今の彼と出会えて、幸せな結婚が決まった」
ということがよくあります。
後から考えるとあの時あの彼とやっぱり別れてよかった。
人は日々成長しています。失恋も直後は辛く苦しい時ですが年月が経って自分が成長すると、別れてよかったという気持ちにつながるものです。
このことからも、切れる縁は最初から縁がなかったということがわかります。気を付けなくてはいけないのは、切れる縁にすがるということは、この後の良縁を自らたち切ってしまうことになりかねないということです。
友人、知人、会社の人間関係などにおいても、切れている人間関係を追おうとするのは、
自ら良縁を入ってこなくしてしまう行為です。
切れる縁にすがらず追わずにしていると新しい縁が入ってきます。
自分から一度離れる決意をした相手を
深追いして追いかけるということは、
恋愛に限らずさまざまな縁を逃してしまう
ということにつながります。
相手が自分との縁を拒絶しているのであれば、
それは最初からつながらない縁ということです。
もし、相手からふられたことが悔しいというような勝ち負けが恋愛に存在するのであれば、ふられた側がプライドが傷つけられて負けと思いこみますが、実は、負けたことにより勝っているというケースがあります。

 

 


どういうことかというと失恋は
「ふられたのは私に魅力がなかったから」
「ふられたのは私が悪かったから」と嘆く場合が多いですが、時間が経って冷静に考えると、逆の現象といえます。
自分と同じステージにいる相手ではなかったので、自分の良さがわかってもらえなかった。
交際中に悩みを友達に打ち明けると、友達から「二人は合っていなんだよ。」というこの言葉で、第三者が客観的に冷静に見るとわかることも
当事者の自分には見えていなかった。

 

あっていなかった。とわかります。


だから、必然的に切り離されたと考えるのが
もっともしっくりとくるでしょう。
失恋は、切れる縁は縁がなかった、これはあらたな縁の始まりなのだと気づかせてくれるものなのです。
 

 

 

 

 


6. ふった相手を後悔させる

ふった相手を後悔させるためには、
自分が成長しないと後悔させられません。
成長するためには、失恋は「相手のせいではないこと」を心で消化しないと成長できません。
相手がどんなに悪くても、100%悪いということはそんなにあるものではないです。
 

少なくとも、そういう彼を選んだのは自分自身です。
ある女性は失恋後、3年経ってから元カレから
「やり直したい」と連絡がきたそうです。
 

 

 

 

失恋直後は、とっても好きだった彼にふられたことの辛さからなかなか立ち直れなかったけれど、仕事を一生懸命に頑張ったり、自分のために多くの時間を使って勉強したり、
3年間努力して成長した自分がキラキラ輝いているのが自分でも感じられた。
そんな自分をみて元カレは「付き合ってほしい」と言ってくれたそうですが、その頃の自分に戻ってやり直したい気持ちは彼女には全くなくなっていたそうです。

 

 


今、付き合っている彼がいなくても、もう一度やり直す気持ちはなかったそうです。
このことから感じるのは、ふられた相手に後悔させる、そのために成長した自分になることです。
相手が悪いと思ってしまうと相手が変わることしか解決方法はありませんが、相手を変えるなんていうことはそうそう簡単にはできません。
 

 

よほどのエネルギーがお互いにないと変えることはできません。
失恋直後は相手のせいにしたくなりますが、失恋は相手のせいではない。
このことに失恋直後は気づけないのですが、人は時間の経過とともに成長するものです。
「相手に求めてばかりいる」と相手の魅力にも気づけないものです。
恋愛関係においては求めることよりも与えることです。
与えるためには、自分に余裕がなければ与えられません。
余裕とは人間的な成長であったり、相手に対する思いやりです。
好きな相手だからこそ与えられる。
それは与える側が男でも女でも変わりありません。
与えるものが違うだけです。
男性が与えられるものは、男らしさや思いやりや包容力。
女性が与えられるものは、やさしさや気遣いなどです。お互いの持つそれぞれのよさが微妙に調和しあったときがもっとも良い縁です。
 

 

 

 


7.やりたかったことに目を向ける

自分磨きのためのことに集中することも
失恋を乗り越え自分を成長させることにつながります。
「どうしてふられたのだろう」
「自分のどこが悪かったのだろう」と悩むよりも、
今までの自分よりもさらに成長させて失恋前の自分よりもすてきな自分になりましょう。
例えば、外面を磨くためにヘアスタイルを変えてイメチェンしてみたり、メイクを変えて魅力的にするために新しい化粧品を買って研究してみたりもよいでしょう。
 

洋服も今までの自分の着たいものからステップアップして違う傾向のものを着てみることや、エステに通うのも失恋のストレスの解消です。
 

輝いている女性は内面からその美しさを発揮します。
また、料理が苦手だったら料理教室に通って
料理のレパートリーを増やしてみたり、今までチャレンジしたかった資格取得を目指して勉強をしたり、専門学校や大学に通いなおしてもよいでしょう。
自分磨きは外見ももちろんですが、内面を磨くことは失恋を経験して自分自身の成長につなげることができます。
このように、自分磨きをして自信を持てるようになると、自然と毎日笑顔で過ごせるようです。
そして、あらたな人々との出会いや新たな自分自身の発見につながり世界を広げることができます。
失恋を乗り越えるためにも、新しい恋を見つけて幸せになるためにも、失恋をバネにして自分磨きをしましょう。

 

 

 


 
8.時間の経過が解決してくれる

失恋からの立ち直りは、人によってそれぞれ
必要な時間は違いますが、
具体的な期間を挙げると失恋から完全に立ち直るのには3カ月程度かかるというのが一般的だと言われています。
そして、立ち直る時間はその人の思いの強さによるといわれています。
また、その人の性格によっても個人差があります。
一つのことに強くこだわるタイプ、こだわらないあっさりタイプなど性格は千差万別ですので立ち直り方も人それぞれ違います。
 

特に失恋の立ち直りに時間がかかるのは、
その恋への思い入れの強さでも違ってきます。

 

 


あまり好きだと感じていなかった恋であれば別れたとしても大きなダメージではありませが、生きてきた中で最大の大恋愛だったという場合は、それだけ衝撃も大きく、長期間にわたって引きずることになり立ち直るまでに時間もかかります。

 


しかし、立ち直る時間が短いからいいという訳でもありません。
逆に、時間をかけたから完全に立ち直ったとも言えません。
要は、自分の心がどれだけ完全に立ち直ったかということが大切です。
 

次の新たな恋愛に向かうためにも、辛い苦しい失恋を体験して、時間が経ち、少しずつ気持ちに余裕が出てくると、何かの拍子に新しい恋を探そうと思い始めます。
これから新たな恋愛をするときに、同じ失敗を二度と繰り返さないために成長した自分になりましょう。
 


9.思い出を過去のものにして先に進む

「思い出を完全に過去のものにする」ことも、
失恋のあとにやるべきことです。
 

写真や、送り合ったメッセージ、LINEのトーク履歴やふたりで行った数々の思い出。
 

 

 

そして、誕生日やクリスマスのプレゼントなどの品々など、残しておくか捨ててしまうか迷いますが、思い出を完全に消し去るためには、思い出の品はない方が良いでしょう。
失恋を一日でも早く乗り越えるためには、どういう形で思い出を過去のものにするかを
決めなくてはいけません。
メッセ―ジや、やり取りの履歴は消すことができますが、思い出の品はなかなか手放すことができません。
しかし、思い出の品を処分することによって
気持ちの整理をして、思い出を過去のものにできた瞬間、辛い失恋を乗り越えることができるのです。
あの辛い失恋があったから今の自分がある、
失恋してからの時間も手伝って、必ず乗り越えられる日は来るのです。
 

そして、新たにすてきな出会いに恵まれて
成長した自分を好きになってくれる恋愛ができるでしょう。 

 

 

 

 

 

まとめ


いかがでしたか?乗り越えるには、少し時間が必要なのと「幸せになりたい」「良い恋がしたい」そう強く思うことで、失恋から早く立ち直ることができます。
失恋の乗り越え方を間違えないで、将来に生かすことができる立ち直り方をしましょう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

最近の投稿
Please reload

Archive
Please reload