失敗を受け入れて挑戦する思考

失敗を受け入れて挑戦する思考 


挑戦を恐れる人がいます。
挑戦するのを恐れる理由は失敗したくないからです。
多くの人は、失敗したくないから失敗しない方法を探そうとします。ところが新しいことに挑戦する以上当然失敗はあります。
失敗しない方法があればだれでもやっているはずだし、だれでも出来ることにはなんの価値もありません。
では、失敗がかならずある中でどうすれば挑戦できるようになるのか。
失敗しない方法がない前提であっても挑戦できるようになるには「失敗許容力」が大切になります。


そして、成長志向も大切です。

失敗すると、終わった・・・と思う人が多いですが、
「まだ、経験値が足りないだけ」、「まだ、工夫が足りないだけ」とか「まだ、成長のチャンスがある」と考えることが大切です。
自分にゲームオーバーをつくらず、常に「the power of yet」で、挑戦回数を増やすことで結果成功を手に入れることにつながります。 

Please reload

最近の投稿
Please reload

Archive
Please reload