【付き合う前のLINEの頻度・内容とは】

付き合う前のメール・LINEの頻度って悩みますよね。毎日なのか、駆け引きで間隔を空けるべきなのか…。好きな人から連絡が来ないだけでドキドキしますよね。そこで、付き合う前のメール・LINEで送るべき内容や話題とともに、連絡頻度を徹底解説します! 

 

 

付き合う前のメールやLINEに気を付けて。 

意中の相手とメールやLINEを交換できても、付き合う前のメールの頻度や内容を間違えたら、付き合うステップまで進めません。もしメールで不快な思いを与えてしまうと、“恋愛対象外”のレッテルを貼られてしまいます。


付き合う前のメールの“正解”を徹底解説 

今回は付き合う前のメールやLINEのやり取りの“正解”を発表します。好きな女性をメールやLINEで楽しませつつ、デートの約束を取り付ける前までの頻度や内容を徹底解説! 

 

 

付き合う前のメールの頻度は? 

誰もが迷う好きな女性との連絡頻度。特に付き合う前だと、頻度には迷いますよね。結論から言いましょう。メールやLINEの頻度は相手に合わせるのが正解。週に1回〜3回、3日に一回などの意見が多数ありますが、女性によって理想の連絡の頻度は違います。今回は①恋愛に対して慎重な女性、②ノリが良い女性、③恋愛経験豊富な女性と大きく3つに分けてご紹介します。


① 恋愛に対して慎重な女性 

好きな女性が恋愛に対して慎重な方だったら、貴方も慎重にメールしましょう。

メール(LINE)の頻度は一日1〜2回
レスが遅くても、急かさない
気持ち長めの文章でやり取りする(丁寧にやり取りする)
「おはよう」「お疲れ!」などの挨拶を入れていく
デートに誘うまで1週間以上はかける
特に恋愛経験が0〜1回の女性は、男性に対する免疫があまりありません。焦りは禁物です。人間関係をじっくり作るために相手に合わせて慎重にアプローチすることで、デートできる可能性は上がります。


② ノリが良い女性

彼女がノリが良い女性なら、貴方もノリよく返信し、なるべく即レスを心がけましょう。テンション高めでメールするのもポイントです。

・メール(LINE)の頻度は一日数回
・なるべく即レスして話を盛り上げる
・どちらかと言えば、長文ではなく短文で
・一文だけで良いから、やり取りの回数を増やす
・盛り上がった状態が5日くらい続いたら、デートに誘ってみる


ノリの良い女性は、タイミングが命です。短期間で一気にやり取りすることを好むので、LINEならスタンプだけのやり取りになることもあるでしょう。デートに誘うまでは時間をあまりかけません。5日くらい盛り上がるやり取りをして、好感度が高まったタイミングで誘ってみましょう!

 

 

③ 経験豊富な女性 

意中の相手が恋愛経験豊富な方なら、メールの頻度は相手の返信のペースに合わせましょう。それだけ意識すれば大丈夫です。デートに誘うタイミングは、なるべく早め。慣れている分、奥手に時間をかけて誘うと「草食系だな。」というレッテルを貼られてしまいます。短期決戦でいきましょう。


返信のタイミングは「朝」より「夜」 

メールやLINEの返信は、朝より夜に送った方がベターです。夜の方がプライベートな時間が多く、返信されやすいため無視される可能性がグッと減ります。朝の忙しい時間帯に連絡が来ると、それだけで「相手のこと考えてよ!」ってなるかもしれませんよね。


付き合う前のメールの内容は? 

頻度を把握したら、メールの内容です。貴方のメールの内容が、貴方の印象を形作ります。好感を得るための内容を心がけましょう。返信される確率も上がります。付き合う前に意識するべき6つの内容をお教えします。


1. 褒めるメールや感謝の気持ちを述べるメール 

誰だって褒められたら嬉しいです。恥ずかしがり屋なのか、プライドが高いのか日本人男性は、口に出して人を褒めません。今回はメールですから、恥ずかしがらずに積極的に相手の素敵な部分を褒めましょう。好感度が上がります。


2. 相手の趣味・好みに合わせた内容 

デートでの会話もそうですが、メールでも人は好きなことについて話したいものです。彼女にたくさん話させてあげましょう。貴方が「もっと知りたい、聞かせて!」といったリアクションをしてあげると、彼女は快く返信してくれるでしょう。


3. 読みやすい内容にする 

いいたいことを書いていたら長くなってしまった…という経験ありませんか?長文は相手が長文で書いてこない限り、避けたほうがいいです。また、行間を適度にあける、絵文字を使いすぎない(全く使わないのもNG)といった心配りも大切です。


4. 写真を使ったやり取りもあり

写真は効果的な話題提供となります。文字に比べてイメージしやすいので、返信しやすくなります。また、食べ物の写真を送り。『今度これ、食べに行かない?』といったデートの誘いにも繋げやすいですよ。  

 

 

5. 彼女の話に食いつく心掛け 

彼女の話をちゃんと聞く姿勢を大切にしてください。自分のことばかり話したり、質問してリアクションなしなどの自己中心的な対応はNGです。話を誠実に聞くことで、“いい男”ゾーンにも入れます。人は自分に興味を持ってくれる人に好感を抱く生き物。自分に興味を持ってもらう前に、相手の話に興味を持ちましょう。


6. 彼女の話を肯定する内容

相手の意見を無視せず否定せず、大袈裟にいうと何事も肯定しているメールを送りましょう。人間関係をしっかりと築くまでは常に肯定の姿勢で。リアクションを大きくしたり、LINEスタンプなどで女性の自己肯定感を刺激してあげましょう。


返信が来ない・既読無視・未読無視でも慌てないこと

恋愛に障害はつきものです。返事がこなかったり、既読無視・未読無視されることも多々あります。でも深く考えすぎないでください。メール(LINE)が返ってこない時は、辛抱強く返事を待ちましょう。催促するようなメールを送ると、余計に返事しづらくなることも。付き合う前ですから、ここはグッと堪えましょう。


どうしても返事を待てない時は… 

どうしても我慢できないなら最低3日間は間隔をあけてメールしてみてください。もちろん「返信して!」とか言ったらダメ。全く違う話題や、当たり障りのない連絡、今日あった出来事などを連絡しましょう。 

 

 

既読すら付かない場合は… 

LINEの既読すら付かない未読スルーの場合、酷ですが貴方はすでに恋愛対象外かも。この場合はもう捨て身タックルです。返事が来たらラッキーくらいの気持ちで待ちましょう。 

5日ほど待っても返信がなければ気になる質問を送るのも効果アリです。

 

 

まとめ

メールは最初が肝心です。特に人間関係ができていない“付き合う前”は、頻度や内容をしっかりと吟味しながら連絡を取り合いましょう。相手の個性を見抜き、それに応じたメールを送ることを心掛けてくださいね。

Please reload

最近の投稿
Please reload

Archive
Please reload